頭皮のかゆみと抜け毛が増えたらagaの可能性

男性型脱毛症はagaとも呼ばれます。この症状は、普通の生活をしていても、髪の毛の抜ける量が徐々に増えて行き、段々とハゲに近づいていく病気として、年齢に関係なく掛ってしまう事がある病気です。特徴は、前頭部の生え際や頭頂部のいずれから髪の毛が抜け始める事が多いのですが、中には両方いっぺんに来ることもまれに居ます。いずれも普通の抜け毛から始まり、段々と抜けていく髪の毛の量が増えて行き、薄毛になり、時間が経つとともに頭全体に広がり完全なハゲになってしまう恐ろしい病気なのです。agaの初期症状は、抜け毛が基本ですが、その時に一緒に起こる事があるのが、頭皮のかゆみなのです。頭がかゆい時に、少し頭を掻くだけで抜け毛がパラパラと落ちる時は特に危険です。また頭皮が乾燥や異常がない時でも、同じ所ばっかりがいつもかゆくなるなども中にはあります。特に危険なのが、頭頂部や生え際なので、頭を掻いた後に、髪の毛が手についていないか見る事だけでも解ります。いつも頭皮を清潔にしているのに、かゆみが頻繁に出てくる時も注意が必要になるのです。もしagaに掛ってしまっていたら、抜け毛が段々と増えて行きますので、すぐに解りますが、進行性がある為に気づいた時にはすでに薄毛になっている、または地肌が見えてしまっている状態に陥っている可能性もありますので、頭がかゆい時には、抜け毛の量にいつも気を払って置く事が大切なのです。手遅れにならないうちに、早めの対処をした方が良いのです。
本当に効果のあるAGA対策とは?│治療費用や副作用徹底調査!はこちら