総量規制対象外のカードローンの特徴

貸金業法が改正され総量規制が導入されたことに伴い、個人向けの借り入れが年収の1/3までに制限されるようになりました。総量規制対象となるか総量規制対象外となるかの違いは、貸金業法に定める貸金業者に該当するかどうかで決まります。貸金業者に該当するのは、消費者金融やクレジットカード会社、信販系の金融機関で、そこでカードローンを借りる場合には年収の1/3までという制限を受けます。逆に貸金業法に定める貸金業者に該当せずに、総量規制対象外のローンとなるのが銀行や信用金庫です。銀行や信用金庫は銀行法の対象となりますので、そこでカードローンを契約しても総量規制対象外となりますので、原則としては年収の1/3以上であっても借りることができます。しかし、いくら総量規制対象外と言っても無制限にローンが組めるわけではありません。当然にその銀行及び保証会社の審査があります。特に、消費者金融等のノンバンク系のカードローンに比べて銀行の審査基準は厳しいと言われていますので、審査基準に合致しない場合にはローンを組むことはできません。しかし、銀行のカードローンは一般的には金利が低く設定されていますので、まずは銀行でカードローンを組む道を探るべきでしょう。また、申し込み手続きも簡略化されており、全てインターネットサイト上から完結し、本人確認書類や収入証明書が不要なので、審査結果が出るまでの時間も早く、即日融資実行が可能なものもあります。